2011年03月30日

●英語のしくみの根幹となる基本4品詞


[お知らせ]

このブログのカテゴリ欄の第1章第1節から第4節までは,文法の基本で当講座の副教材の「話すためのたったこれだけ英文法」の内容です。

   自由に話すためのたったこれだけ英文法

これも順を追って記事を復活させることになっています。

今日の学習

第1章 英語の基本のしくみはこんなに簡単
  〜英語のしくみの根幹となる基本4品詞〜

●英語のしくみの根幹となる基本4品詞

英語の品詞は8品詞しかありません。

それは名詞、代名詞、形容詞、動詞、副詞、前置詞、接続詞、そして感嘆詞です。

こんなことを言うと、「あれ、学校時代や英文法の本に述べられている冠詞や助動詞、あるいは現在分詞、過去分詞、不定詞、動名詞、疑問詞などはどこに行ったの?」と不思議に思われる方も多いと思います。

でもそれはまるでデパートのようにあまりに雑多で専門的な商品がありすぎて専門家は別にして学習者にとってあまり役に立つものではありません。

もちろん文法用語が多ければ多いほど、「科学的」かもしれません。しかし文法用語を増やすことは、逆に英語のしくみを見えなくしているということも言えます。また加えて文法用語を覚え、それを理解したところでそれをSpeakingやListening場面で実際には使いこなせないのでは何の学習かわからない。

学習者にとって大切なのは、少なくともコンビニの店内のようにきちんと整理され関連された英語の基本的な体系を知ることです。そしてそれが土台となっていれば、逆に商品(文法事項)が多くなっても、きちんと整理していけます。

この8品詞の中で英語を最も根底で支えているのは、名詞、形容詞、動詞、副詞のたった4品詞です。

以下の教育文法の5文型理論による文型パターンを見てください。
Sは主語、Vは動詞、Cは補語、Oは目的語のことを表しますが、これを品詞にすると副詞を除いて、右のように名詞、形容詞、動詞の3つの品詞によって成り立っていることがわかります。

  第1文型 S+V    名詞+動詞
  第2文型 S+V+C   名詞+動詞+名詞/形容詞
  第3文型 S+V+O   名詞+動詞+名詞
  第4文型 S+V+O+O  名詞+動詞+名詞+名詞
  第5文型 S+V+O+C  名詞+動詞+名詞+名詞/形容詞

ここには副詞が入っていませんが、それ以外の代名詞、副詞、前置詞、接続詞、感嘆詞はいわば枝葉のようなものです。

したがってこれら骨幹となる最も基本的な4つの品詞の働きをしっかりととらえることから、英語の学習は始まります。

   以上は「自由に話すためのたったこれだけ英文法」からの抜粋記事です

------------------------------------
同じTOEIC試験で800点,900点をとっても英語をさほど話せない。これではしゃれにもなりません。

この教材は,私がTOEIC試験講師として、多くの大学の学生たちのために使用した平均150点アッップを実現した教材を独習テキスト用に大幅に加筆したものです。

  この教材のLet's Tryの項目には3,051の文例を所収しています。

この教材のコンセプトは「英語を自由に話す強固な土台が作れるファンクションメソッドによる自学自習英語英会話教材! 」ということです。

同じ TOEIC試験などに挑むなら「英語を話せるようになる」教材を選ぶべきです。

      ファンクションメソッド独習テキスト サンプル

受講生の方には,ご覧のブログから直接「ファンクションメソッド独習テキスト」が見れるようになりました。
以下はサンプルです。


「ファンクションメソッド独習テキスト」へ

以下は受講者用で,


IDとpasswordで「ファンクションメソッド独習テキスト」へ

[お知らせ]
教材をご購入いただいた方、全員にIDとPasswordをお知らせして学習していただけます。

      「TOEIC820点攻略・文法編」オンライン講座受講生募集

[受講生の皆様へ]

この教材(ファンクションメソッド独習テキストHTML版)では、カーソルを合わせると文字が浮かび上がってきます。
まずは、(1) 英文と日本語訳が、次に(2)動詞フレーズが、そして最後に(3)英文が浮かび上がります。
一部では音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、右上のSTARTのイラストをクリックしてください。

これが受講生のTOEIC試験平均150点アップをし実現した教材だ!!
fm-"]
fm-"]


--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
       ファンクションメソッド英語研究会ホームページ
--------------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク

(英文法)[1] a, anは「とあるひとつの個性」を表す


[お知らせ]

このブログのカテゴリ欄の第1章第1節から第4節までは,文法の基本で当講座の副教材の「話すためのたったこれだけ英文法」の内容です。

   自由に話すためのたったこれだけ英文法

これも順を追って記事を復活させることになっています。

今日の学習

第1節 名詞の働きとはこんなこと

【チャート】

 〜冠詞次第でこれだけ意味が変わる〜
  [1] a, anは「とあるひとつの個性」を表す
    ●WORD BUILDING [1] 動詞から名詞を作る
  [2] 無冠詞は人格・本質・物の効用を表す
  [3] 名詞の複数の表現
  [4] 定冠詞theと不定冠詞a,anはまったく別物

[1] a, anは「とあるひとつの個性」を表す
【ポイント】
a, anをつけるかどうかは絵に描けるか描けないかの判断

   a chicken   chicken  chickens
   ニワトリ   鳥肉    ニワトリ(複数)
   a glass    glass   glasses
   コップ    ガラス   コップ(複数)、メガネ

文法ではa、anを不定冠詞と言い、常に名詞の前に冠のように「とある一つの個性のあるもの」といった判断で用いられます。

例えば、a chickenとchicken、a glassとglassにおいては、aがつくと「とあるひとまとまりの個性を持つもの」という判断が働き、「とある一羽のニワトリ」「とある一個のコップ」という意味となります。したがってこの場合、ニワトリやコップの絵は描けるということにもなります。

一方、aがつかないchicken(鶏肉)やglass(ガラス)は、「ひとまとりの個性を持たない」ので、絵は描けません。さらにこれらは「どこを切っても元のもの」だということも言えます。つまり鶏肉をいくら切っても鶏肉のままだし、ガラスもまた同じです。さらにこのことはloveやpeaceなど無形物にも当てはまることです。

また「とあるひとまとまりの個性を持つもの」という判断が働く場合は、「二羽のニワトリ」や「2個のコップ」などと複数形にもなります。

  ●「絵に描ける」「目で追える」→ a, anをつける
   有形物 a chicken, a glass, a rabbit, a pig, a cow
       ニワトリ、コップ,ウサギ、豚、牛
       chickens, glasses, rabbits, pigs, cows→ 複数形となる

  ●「絵に描けない」「目で追える」→ a, anをつけない
   物質そのもの chicken, glass, rabbit, pork, beef, fish, water, milk
          鶏肉、ガラス,ウサギ肉、豚肉、牛肉、魚(料理)、水、ミルク
   無形物 love, peace, information, → 原則的に複数形とならない
       愛、平和,情報

今回は,「オンライン通信講座受講者用ページ」にあげられている文例のサンプルを公開します。

■文法を生かして英語表現を■

 (1) I have a dog, two cats, and five chickens.
   私は犬を一匹、猫を2匹、ニワトリを5羽飼っています
 (2) There is a cow over there.
   あそこに牛が一頭います
 (3) There is a glass on the table.
   テーブルの上にコップがあります
 (4) I like chicken, lam, pork and beef.
   私は鳥肉、ラム肉、豚肉そして牛肉が好きです
 (5) Which do you like better, tea or coffee?
   コーヒーとお茶とどちらがお好きですか?
 (6) Life is short and hard.
   人生は短くて厳しいものです

   以上は「自由に話すためのたったこれだけ英文法」からの抜粋記事です

------------------------------------
同じTOEIC試験で800点,900点をとっても英語をさほど話せない。これではしゃれにもなりません。

この教材は,私がTOEIC試験講師として、多くの大学の学生たちのために使用した平均150点アッップを実現した教材を独習テキスト用に大幅に加筆したものです。

  この教材のLet's Tryの項目には3,051の文例を所収しています。

この教材のコンセプトは「英語を自由に話す強固な土台が作れるファンクションメソッドによる自学自習英語英会話教材! 」ということです。

同じ TOEIC試験などに挑むなら「英語を話せるようになる」教材を選ぶべきです。

      ファンクションメソッド独習テキスト サンプル

受講生の方には,ご覧のブログから直接「ファンクションメソッド独習テキスト」が見れるようになりました。
以下はサンプルです。


「ファンクションメソッド独習テキスト」へ

以下は受講者用で,


IDとpasswordで「ファンクションメソッド独習テキスト」へ

[お知らせ]
教材をご購入いただいた方、全員にIDとPasswordをお知らせして学習していただけます。

      「TOEIC820点攻略・文法編」オンライン講座受講生募集

[受講生の皆様へ]

この教材(ファンクションメソッド独習テキストHTML版)では、カーソルを合わせると文字が浮かび上がってきます。
まずは、(1) 英文と日本語訳が、次に(2)動詞フレーズが、そして最後に(3)英文が浮かび上がります。
一部では音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、右上のSTARTのイラストをクリックしてください。

これが受講生のTOEIC試験平均150点アップをし実現した教材だ!!
fm-"]
fm-"]


--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
       ファンクションメソッド英語研究会ホームページ
--------------------------------------------------------------------------------

オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク

[1-2] 一定の動詞を変化させて「〜する人」と表現する英語発想


[お知らせ]

このブログのカテゴリ欄の第1章第1節から第4節までは,文法の基本で当講座の副教材の「話すためのたったこれだけ英文法」の内容です。

   自由に話すためのたったこれだけ英文法

これも順を追って記事を復活させることになっています。

今日の学習

第1節 名詞の働きとはこんなこと

【チャート】

 〜冠詞次第でこれだけ意味が変わる〜
  [1] a, anは「とあるひとつの個性」を表す
    ●WORD BUILDING [1] 動詞から名詞を作る
  [2] 無冠詞は人格・本質・物の効用を表す
  [3] 名詞の複数の表現
  [4] 定冠詞theと不定冠詞a,anはまったく別物

[1] a, anは「とあるひとつの個性」を表す

【ポイント】 a, anをつけるかどうかは絵に描けるか描けないかの判断

[1-2] 一定の動詞を変化させて「〜する人」と表現する英語発想


a chicken, a glass, a rabbit, a pig, a cowなど物や動物、あるいはa boy, a girlなど人を表す名詞がありますが、英語には動詞からの造語で「一定の行為をする人」と表現する場合があります。

これが「存在」を表すbe動詞と結びつくと、「いつもそんな行為をする人」などと、とても英語らしい表現となります。 例えば、dreamは「夢を見る」という動詞ですが、これにerをつけると「いつも夢を見ている人」といった意味となります。

これらは動詞にer, or, istをつけて造語します。

  You are a dreamer.
  あなたは(いつも)夢を見ています

  You are a good listener.
  あなたはよく耳を傾けてくれます

  He is a lover of music.
  彼は音楽が大好きな人です

「先生」をa teacher、「ピアニスト」をa pianist、「歌手」をa singerと覚えている人も多いと思います。ところが、日本語の発想では何か職業的なイメージがありますが、英語の発想では「教える人」「ピアノを弾く人」「歌う人」といった意味となる場合が多いです。職業的な意味を表す場合は、a professional singerなどとなります。

ただし、a cook, a guide, a judgeといったものは、a cookerなどにはならないことに注意してください。

● 主語が複数の場合は補語も複数になるのが基本

主語が複数のものの展開を見てください。ここでのyouは「あなた方」など、theyは「彼らは、彼女たちは」などの意味です。

 (1) You are good teachers.  (6) We are travelers.
 (2) You are good pianists.  (7) They are bad managers.
 (3) They are good singers.  (8) They are star players.
 (4) Are they good speakers?  (9) They are good judges of character.
 (5) They are cat haters.   (10) They are good cooks.

   以上は「自由に話すためのたったこれだけ英文法」からの抜粋記事です

受講生の方は、引き続き「オンライン通信講座受講者用ページ」で文例がご覧いただけます。

■文法を生かして英語表現を■

 (1) You are a good teacher.
   あなたは上手に教えてくれますね
 (2) You are a good pianist.
   あなたは上手にピアノを弾きますね

など10文例をあげておきました。

------------------------------------
同じTOEIC試験で800点,900点をとっても英語をさほど話せない。これではしゃれにもなりません。

この教材は,私がTOEIC試験講師として、多くの大学の学生たちのために使用した平均150点アッップを実現した教材を独習テキスト用に大幅に加筆したものです。

  この教材のLet's Tryの項目には3,051の文例を所収しています。

この教材のコンセプトは「英語を自由に話す強固な土台が作れるファンクションメソッドによる自学自習英語英会話教材! 」ということです。

同じ TOEIC試験などに挑むなら「英語を話せるようになる」教材を選ぶべきです。

      ファンクションメソッド独習テキスト サンプル

受講生の方には,ご覧のブログから直接「ファンクションメソッド独習テキスト」が見れるようになりました。
以下はサンプルです。


「ファンクションメソッド独習テキスト」へ

以下は受講者用で,


IDとpasswordで「ファンクションメソッド独習テキスト」へ

[お知らせ]
教材をご購入いただいた方、全員にIDとPasswordをお知らせして学習していただけます。

      「TOEIC820点攻略・文法編」オンライン講座受講生募集

[受講生の皆様へ]

この教材(ファンクションメソッド独習テキストHTML版)では、カーソルを合わせると文字が浮かび上がってきます。
まずは、(1) 英文と日本語訳が、次に(2)動詞フレーズが、そして最後に(3)英文が浮かび上がります。
一部では音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、右上のSTARTのイラストをクリックしてください。

これが受講生のTOEIC試験平均150点アップをし実現した教材だ!!
fm-"]
fm-"]


--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
       ファンクションメソッド英語研究会ホームページ
--------------------------------------------------------------------------------

オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク